『4K』や『2K』って何ですか?

最近よく聞く『4K』ってそもそも何なんでしょうか。家電量販店には“2K” や “HD”、“フルHD” などさまざまな方式がありますがいったい何でしょうか?

4K(3840×2160)

4Kディスプレイの解像度は3840×2160です。なぜこれが4Kと呼ばれているかと言えば、3840が約4000なので1K=1000として4Kと呼ばれています。このように “K” と言うのは要するに『キロ』を表しているんです。

8K(7680×4320)

将来的に登場が見込まれている8Kディスプレイの解像度は7680×4320です。同じ理屈で7680が約8000であることから8Kと呼ばれています。

2K(1920×1080)

同様に2Kディスプレイの解像度は1920×1080であり、1920が約2000なので2Kと呼ばれています。また、これは『フルHD』と同じ解像度なので、フルHDと2Kは同じものと言うことになります(フルHD=2K)。現在のハイビジョン撮影はこの方式によるものが多いですが、テレビ中継はHDによるものも多い。

『フルHD』と『HD』の違いは?

フルHDに対して『HD』と呼ばれるのを聞いたことがあるでしょう。HDは “ハイビジョン” とも呼ばれ、解像度は1280×720です。

HD(ハイビジョン)とフルHD(フルハイビジョン)を「同じもの」と考えていたり「違うものと意識していない」人も多いかと思いますが、フルハイビジョンは2Kであり解像度が1920×1080なので、明確に違うものです。

PAGE TOP