インタビュー動画のコンテンツとしての使い方

インタビューの動画で多く使われるのはは、商品などの使用者にインタビューです。好きなようにしゃべっているわけではなく、このインタビューは、あくまで自社商品やサービスのプロモーションになるのですから、あらかじめ話していただくポイントを明確にしておくことが重要です。しかし、人前で話すことに慣れてない方だと何度も撮りなおすことになります。ただ、原稿を読むようは話方になるとどうしても言わされている感がでてしまいます。制作側もある程度の自由度と寛容な態度は必要になります。完璧を求めるとなかなか前に進みません。インタビュー動画で一番大事なのは、自然な物言いです。そして音をしっかり撮ることです。また、場合によっては、話した内容をテロップで補うことも必要になってきます。

コンサバトリーって何?

コンサバトリーって知らない人も多いですよね。この動画は、主人公のワイナリーオーナーを通してコンサバトリー魅力を語っていただいています。建物の紹介がハードの説明ではなく、そこを利用する人の人生に彩りを添えることができるのがコンサバトリーの魅力であると語っています。映像は、ドローンを使って空撮、タイムラプスを使ってコンサバトリーとそれをとりまく環境を表現した映像になっています。

女性社員がインタビューしてリラックス

身近な人がインタビュアーになり、案内する形で会社の雰囲気を伝える動画です。狙いは、業界的に、暗いイメージを変えるために親しみ安さと明るさを前面にだしています。

採用系求人ビデオ

インタビューは、違うタイプを選ぶ

採用ビデオの場合、タイプが被らないように注意します。ターゲットに近い人や性別や年齢など意図的に選びましょう。若い人を採用したい場合は、若い人を中高年でも大丈夫というメッセージを伝えたいならあえてその年齢の人をだすというのもありだと思います。

製造業 求人ビデオ

PAGE TOP