Youtube動画 チャンネル支援 ~ オウンドメディア(Owned Media)を立ち上げよう! ~

Youtube動画で発信しよう

コロナ渦において、営業活動、特に新規訪問や新規開拓は、特に困難です。緊急事態宣言が発出している今はもちろんですが、解除後であっても、コロナの感染の終結がみえない間は、大勢の人と会うのははばかれるのではないでしょうか。そのためには、自社で発信すること、特にYoutubeでの配信が重要になってきます。特に潜在的な顧客の獲得、ペルソナに向けたしっかりした商品情報などYoutube配信にむけた動画を自社で作っていくというのが主流となってきます。そんな中で、インクラーニングメディアでは企画を含めたYoutube配信の支援を行っていきます。

タイプ別動画攻略

Youtube支援事例 <チャンネル運用支援>栄四郎瓦チャンネル

「イズミン」というオリジナルキャラクターが瓦にまつわるあれこれを紹介していきます。Youtubeを使って世界中に配信、日本の瓦を広く伝えていきたいということから始めました。 毎月2本程度の動画をアップしていきます。

栄四郎瓦チャンネル

Youtube支援事例 <e-Learning教材制作> 株式会社ウェイストボックス 

イーラーニングの教材として制作、クライアントに対してのSDGSの教育などを行っています。アップデートは不定期、現在13本の動画がアップされています。業界での認知度アップと業務の効率化のために活用しています。ウェイストボックスチャンネル
* 企画 編集 インクラーニングメディア

Youtube支援事例 リクルートビデオ 求人広告 めいほく接骨院

HomePageの埋め込みや採用活動にて活用、写真や文章だけではわかりづらい社員の雰囲気や代表の人柄をわかりやすく表現しました。
*企画 撮影 編集 インクラーニングメディア

Youtube支援事例 リクルートビデオ   株式会社mash

HomePageの埋め込みや採用活動にて活用、専門分野のかっこよさとやりがい、福利厚生なども盛り込み、企業を業務内容も含めてイメージできるようにしました。
*企画 撮影 編集 インクラーニングメディア

Youtube支援事例 チャンネルビデオ   ヨガスタジオsola

ヨガスタジオを飛び出してイベントを撮影しています。楽しさが伝わる動画に編集してあります。
* 撮影 編集 インクラーニングメディア

Youtube動画の傾向と対策 

Youtube広告 (TrueView広告)など

知っているけどあまり知らない

人工芝は知っているけど、実際にどういう使われ方がされているのかわからない、商品の使用法をいっきに紹介し、自然芝は無理だけど、そういえば、人工芝があったじゃないかという気づきがある動画広告
大事なのは、芝職人という人工芝の職人がしっかり人工芝をきれいに仕上げていくこと。単品売りだけではなく、技術も売っていくということを視聴者にわかってもらうことが大事、そのため、社員の顔をしっかり出して、他社との差別化をしっかりだし、この人にやってもらうという依頼する側も心の準備ができる。

*企画制作 インクラーニングメディア Youtube公開 TrueView広告

最適なターゲット設定は?

確かに視聴されなければ、料金が発生しないのですが、当然、視聴率が悪ければ広告の出稿ができません、より緩いターゲット設定にすることになります。例えば、春日井市在住の20~30代の女性という設定は難しいということです。より地域を広く、年代を広くとる必要があります。ある程度の母数が必要になります。このあたりの考え方はAdWords広告のキーワードと同様です。

あなたのその商品(サービス)のカテゴリーは一般的に認知されていますか?

自社の商品(サービス)を売るために動画広告に出そうしています。その商品は一般的に知られたものですか?もし、それが、新しい商品や認知度が低い商品である場合は、その商品がもつ先進性やそれを導入することで始まるライフスタイルの提案する動画広告になります。もし、売り出す商品が十分に市場に行き渡り認知度も高い商品である場合は、他の競合する商品に比べての優位性したり、導入実績の多さや導入者のコメントなど声が入った動画広告がいいかもしれません。

ターゲットを絞り込む告知

車の現金買い取りを強く提示し、実際に現金を用意して現場に出向くそうです。ターゲットを絞り込む動画、実際に、トラックのドライバーだけに見せたいので最初に絞り込むことが重要。

*企画制作 インクラーニングメディア テレビCM

ほとんどの人がスマホを使い動画の視聴が伸びる

動画広告をそのままとらえるとテレビCMが近いと思います。しかし、テレビCMは、広告枠を買いその枠に流すCMを製作をすることになります。CMの尺も決まっています。15秒、もしくは30秒です。僅かな時間の長短は許されません。それに対して、インターネットは、全く自由です。尺(動画の長さ)に関しては、自由です。推奨の長さはありますが、きっちり何秒というわけではありません。

動画広告がいいもの、動画広告でなくてもいいもの

商品が既に知られていてもしくは、オリジナルではなく取り扱い商品の価格訴求が強い商品の場合は動画広告である必要性はないでしょう。例えば、猫の餌で例にとると、既に認知度があり商品のキャンペーンなどの告知はオーバーレイ広告(Youtubeの動画上に表示されるテキスト広告もしくは画像広告)のほうが適しています。例えば、猫の餌でチュールというゼリー状の餌があるのですが、この餌はたぶんどの猫も大好物で、家の猫もこれを見せると我先にやってきておいしそうに食べます。このおいしそうに食べる動作が飼い主には響くのです。これは動画でなくてはなりません。この「おいしい」という表現は動画広告に向いているでしょう。猫の餌に限らず、食べ物は、食べ物をおいしく撮影することの他にそれを食べている人の表情を入れることが動画に向いています。

動画を構成するテロップ(文字)と音

動画を構成する要素として文字と音があります。特に、告知に力をおくCMは、つかみに文字や音が入ることによって視聴者はこのCMが何が言いたいのか、すぐに理解できます。本来なら、文字で表示するなら動画である必要がないのではと思われる方もいるでしょう。しかし、限られた時間の中で伝えることを考えるとひとつの方法であるといえます。

お問合せ・ご質問動画制作費はこちら

PAGE TOP