よい採用動画を作るには

動画を使った採用活動のメリットは、何よりも雰囲気が伝わってくるということです。写真や文字では伝わらない動画の最大の強みです。
しかし、逆にいうと

悪い雰囲気も容赦なく伝えてしまうのが動画

 

発信する側としては、良い情報を流したいものです。

ここで大事になるのは、人選です。

やはり、よいイメージを発信したいものです。

元気のない社員 よりも 元気がある社員   やる気がみえない社員よりもやるき満々の社員  笑顔が少ない社員 よりも 笑顔が多い社員

それは、自然ではないのではないかという人もいるでしょう。

別に誰かを差別するのではなく、元気がない社員も元気を出して出演する。 やる気のない社員はやる気満々に返信する。 笑顔の少ない社員は笑顔一杯で出演するということが大事だということです。

新しい社員を迎える社員の姿勢が大事だということです。 また、それを楽しめる雰囲気を作れれば動画制作を通してひとつの会社の雰囲気の形が作れるのではないでしょうか?

うちの会社は、どう見られたいのか、そこが重要です。 写真であれば、奇跡の一枚さえあればすみますが動画はそういう訳にはいきません。
表情ができていることが大事となってくるわけです。

そこがうまくいくと登場人物に興味がわいたり親しみがでてきたりするものです。

それが採用活動の一番の狙いだったりします。

映像 動画 トピック

PAGE TOP