Youtube動画の制作費用は、基本の制作費は15万から20万円となります、撮影日が複数であったり、企画の段階からの提案などはボリュームにもよりますが30万〜となります。動画制作においてできるだけコストをかけずにやりたい場合、どういったことに気をつけるか。

あらかじめイメージできちるか?

参考になる動画があるか?

予算感はあるか?

制作側としてやはり困るのは、こういったものが作りたいという具体的なイメージがないと非常に難しい。映像は、ないものから作り上げて映像や動画という形につくりこんでいきます。
お互いのイメージは近い場合もありますが遠い場合もあります。最初は形になっていないのでイメージしづらいと思います。お互いのイメージを作り上げていく作業がなかなか難しくあったりします。

その商品の使用感&操作感がわかる動画

写真や文章などでは説明をするのが難しいが動画をみればわかりやすく、購入への期待が高まるものが適している動画表現

携帯バックの着脱の速さと簡易さを表現

サッソート 

約8万〜

システムの全体像を把握する表現

GT-Roid

約20万〜

簡単操作でトラブル解決

IRC

約5万〜

使用感や感想も含めた顧客目線を導入した動画

顧客を登場させることで購入した業者への安心感から購入動機に結び付ける動画 写真より難度が高い動画の出演は顧客の信頼感を表現できる

顧客満足度と顧客との関係性をアピール

カバー工法

約15万〜

人生を設計できる、心を豊かにする商品との出会い

garedenup

約20万〜

アニメーションでわかりやすく

フェミジェル

約12万〜

ブランディングを重視し、ハイセンスな映像で高品質をアピールする

細かな操作方法よりもイメージ重視の映像で高品質をアピールし、好感度を勝ち取る動画、どちらかというと高価格帯を狙いたい

高品質 高性能をアピール

エラストマー車輪

 約15万〜

商品のもつ品質の良さを表現

極み

 約15万〜

ジャパンクオリティ

 

TOKAI SENKO

約15万〜

問題解決型の動画 こんなことで困ってませんか?とユーザーに問いかける

お困りごとを提示し、潜在的なニーズに気づいてもらう、もしくは、こんなの探してたんだというユーザーを獲得する。

女性の悩みにお応えする

PH Japan

 約15万〜

建築現場の問題を解決

CSR

 約20万〜

日常生活における身近な問題

情熱リノベーション

 約15万〜