名古屋の映像制作会社

現在、動画制作もしくは映像制作は誰でもお手軽に作れる時代になってきました。これを上手に活用してビジネスに活かしていきたいものです。
そうかっといってもYouuberになるほどには、企業として取り組むには、なかなか簡単にはいきません。Youtuberは、まず人ありきの番組です。そして企画があります。だから、芸人や芸能人にとっては親和性が高いとも言えます。なので話術がいうものが非常に重要になってきます。その次に企画となりますが、あくまでも同じ企画であってもその芸人や芸能人がやることが重要で、誰がやるかが大事なのです。テレビ番組は、まず企画があってそれに合う人選をしていくわけです。企画ありきです。

ユーチューバーは、誰がやるかが大事、人物の魅力で勝負する

なので個人がたつ会社などは、個人が前面にでて動画を制作することにはメリットがあります。税理士や弁護士など侍業のユーチューバーは活躍しています。

中小企業は、まずどこから始めるのがいいかというと、

分野でいうとリクルート動画です。この分野はどの業種においても必要になってきます。もうひとつは、商品紹介動画や商品マニュアル動画になります。

リクルート動画は、採用における応募者が入社もしくは応募したくなる動画となります。それをもとに企画をたてることになります。
それでは、どんな企画が考えられるでしょうか?

まず、テンプレート的なものですが、採用には是非撮影したいものです。
先輩社員紹介、先輩社員インタビュー動画となります。これは、鉄板です。

問題は、どのような動画がよいのでしょうか?

一言でいうと、

入社したくなる魅力的な会社 ・ 好印象の先輩がいる会社

となります。こう思って入社してもらわなければなりません。

インタビュー動画で最も重要なのは、情報ではなく、表情なのです。

 

なので、だらだら長い尺の動画は必要ありません。社員が自らの言葉で元気よく明るく答えることが重要なのです。

 

 

インタビュー動画を成功するテクニック

・ インタビュアーと会話をしながら撮影する。
・ なるべく表情が明るくとれる場所で撮影する。
・ 人物の背景にいらないものが入らないように気を配る。
・ 音声がしっかり入るようにマイクでしっかり音を拾おう。

 

PAGE TOP