採用動画 こんなつまらない動画は逆効果! じゃあ、それをどう乗り越えるか、プロの作法。

インタビュー動画の良し悪しは、準備が100%に当日のプラスαがある。

よく勘違いされるのは、何の準備もなく、意見や感想を聞こうとするのがインタビューだと思われがちだが、少なくとも採用動画で新卒の学生をとりにいこうとしているのなら100パーセント間違っている。経験上、まったく準備をされなくて、そもそもインタビューの意図すら理解されていない場合が往々にある。私の顧客でもそういう場面に遭遇する。そういう場合にどうなるかというと、質問に対して、答えがでてこなくて考えこんで時間をついやすか、「よかったです。」のように一言で返されてしまう。このような場合は、明らかに人選に問題があり、人前で話すのが苦手な方である。

このまま撮影をすると棒読みで死んだ表情の観るも無残なインタビュー動画ができあがる。

素人映像のできあがりである。

こういった場合は、収録する前に、事前インタビューを行い、(実際はカウンセリング)その人の人柄などを知った上で、質問をするか、趣味など世間話の含めて表情が多少ゆるんだ状態から始める方法がある、なかなか、撮影になれていない方は、顔が紅潮してなかなか話せないものである。

顔見知りの方がインタビュー(質問するのも)ひとつの方法である。

以下の動画は、

上司と部下の関係で質問をする非常によくてきたインタビュー動画である。

映像 動画 トピック

PAGE TOP